比内鶏はもともと純粋な日本地鶏であって野鶏に近く、比内地方の山間部農村に残存していたものを繁殖させ、昭和17年に国の天然記念物指定を受けています。食用に使われる比内鶏は、この比内鶏のオスと大型肥大性のメスとの一代交配種によるもので、肉の組織、脂の比率などが特に優れていることから食用鳥としてNo.1の折り紙をつけられています。

大館市の隣りにある比内町の広い放牧場で放し飼いされている比内地鶏はたっぷり脂が乗り歯ごたえがあります。日本三鶏のなかでも最高級の比内鶏。野鶏に近い風味、150日放し飼い飼育による締まった肉質。どれをとっても一級品です!
肉質が締まりかつ香味が高いことから、秋田の郷土料理である「きりたんぽ」に欠かせない食材です。