秋田の郷土料理といえば、「きりたんぽ」が全国的に有名です。本場は秋田の県北にあたる大館地方です。昔からこの地方の人々は、炭焼きや狩猟のため山にこもるとき、保存のために杉で作った串にご飯を細長く巻き付けて炭火でこんがりと焼き、山で仕留めた雉(キジ)や山鳥、手近な山ごぼうやキノコなどと煮込んで食べたことから始まったといわれ、その美味なことは広く知られています。

鶏ガラを長時間煮込みコクのあるおいしいスープは、材料の持ち味を損なわないように、砂糖や化学調味料をできるだけ使わず比内地鶏の風味を生かしたスープです。それぞれの素材が持つ風味が鍋の中で一つになり、大変おいしいきりたんぽ鍋になります。

厳選した大館産 秋田こまちを使った当店自慢の
「たんぽ」は、一本一本丹念に手作りしています
。鍋に入れても煮くずれなくスープの味が
染み込みやすいたんぽです。

当店では一人前たんぽが一本です。よく他店よりたんぽが少ないといわれますが、右が当店オリジナル手作りのたんぽです。スーパーなどで売られているたんぽの2倍の大きさがあります。
ご飯にするとお茶碗2膳半分ございます。